フォト

最近のトラックバック

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リアルタイムつぶやき。

無料ブログはココログ

他のアカウント

2009年2月11日 (水)

町田出身者にはたまらない本

Photo 第135回直木賞受賞作品、三浦しをん 作、

「まほろ駅前多田便利軒」を手織り職人のMさんから借りて読みました。

まほろ駅前に小さな事務所を借りて便利屋を営む多田という男と

高校時代のクラスメイトの男がいろいろやらかしてくれるお話なのですが。

読み始めるとかなり最初の段階で町田市出身者は

「これって町田が舞台!?」ってすぐ気がつきます。

文中にでてくる、

まほろ駅→町田駅  箱根急行鉄道→小田急電鉄  JR八王子線→JR横浜線

都立まほろ高校→都立町田高校  向ヶ坂→高ヶ坂  アポロン(喫茶店)→プリンス

などなど、情景がありありと目に浮かんできました。

プリンスを登場させるなんてかなりの町田通でないと・・・

SEUYU近くの方のバス定期券売り場もでてきました(あそこってまだあるの?)

まあ、でも街の描写は少し前の私が高校生時代の町田の街って感じでした。

三浦しおん自身は私より3つ下なので年代的には変らないのですが・・・

もしかして町田出身者なのでしょうか。

もし町高卒なら頭良いよね。(町高の描写もリアルだった)

ここでは説明しきれないくらい懐かしの情景が浮かんでくる内容なので

ぜひ、町田出身者の方は読んで見るとリアリティばっちり!で読めると思います。