フォト

最近のトラックバック

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リアルタイムつぶやき。

無料ブログはココログ

他のアカウント

2011年2月27日 (日)

カメラ談義。

Photo 熟慮と検討を重ねた結果、ついに

CanonのPowerShotG12を購入。

これまで私が所有していたカメラは2台。

CanonEOS Kiss(フィルム一眼)とデジカメの

SONY CyberShotでした。

フィルム一眼はデジカメの経済的かつ、機能的な勢い

に負け、今や眠るお宝状態になっています。

CyberShotの方は、10年前の代物で今では有り得ない300万画素

というボロさ。

青嵐堂のイベント記録写真や商品写真はここ最近はもっぱら

実家の父のNikonのデジカメで撮影していました。

でもNikonは商品などの撮影をした時、色が少し赤みが強く出てしまう

感じがして、青が重要な私としてはいつもPC上で修正したりして実物の

色に近づけてDMなどに画像を使用していたのです。

だからずっと色が正確なCanonかSonyで自分用の新しいデジカメが

欲しかったのです。

どうせなら・・・と思い、デジタル一眼の購入を検討していたのですが、

旅行が趣味でもある私。旅行先での撮影は必須事項です。

けれど、一眼カメラって重いのです。肩は凝るし、しかもかさばる。

それがずっと買い渋っていた原因でした。

そしたら・・・あるじゃないですか。

EOSテクノロジーを継承したというコンパクトデジカメが。

Photo_2 しかもそれ以上でした。

液晶画面が飛び出たり、ひっくり返せたりして

撮影アングルの幅が広がり、自分撮りもしやすいという

一眼よりは小さくて普通のデジカメよりは機能性がとても

高い理想的なモデルがあったのです。

全てが一眼チック。もちろん画素数は1000万画素以上。

そして・・・何と!コンパクトなのにファインダー付きなんです。

ミラーレス一眼は何か嫌なんですよねぇ。

実際は試し撮りしてみて思ったのですが、あまりファインダーを覗かない

で撮ってました。

でも、あるのとないのでは何か違うのです。

アナログ世代のこだわり・・・でしょうか?

しばらくは我が家のニャンコをモデルに使いこなせるように

練習します。