フォト

最近のトラックバック

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リアルタイムつぶやき。

無料ブログはココログ

他のアカウント

« 寒中お見舞い申し上げます。 | トップページ | 下半期。 »

2020年3月25日 (水)

指輪の話。

1584519097358
早くも桜が咲いたというのに
新型ウィルスの影響で日本だけではなく
世界的にたくさんの国が苦境に直面しています。
何とか自衛の意識を持って
乗り切りたいものです。


青嵐堂は普段から引きこもりのような
仕事ですので外出制限でイライラ…などは
ないのですがせっかく復活したプールが
お休みになったり、カルチャーセンターも
自粛の休業状態、4月の世田谷アートフリマも
中止になりそれなりには影響を被っています。


そんな折、昨年の冬に依頼していた
父と母の結婚指輪のリフォームされた指輪が届きました。



昨年、父が亡くなる数日前に入院した時、看護師さんが
苦労してはずした父の指輪。

私が面会に行くともう声もあまり出ないので

私に必死に自分の左手をみせて
「ない、ない」
と言いました。
「なにが?」
「ゆびわ」
「入院した日に外したでしょ。私が預かっているよ」


それを聞いた父は安心したように何度かうなずいて目を閉じて
それから徐々に昏睡状態へと落ちていきました。
父にとってそんなに大事な物だったのだなあ…と
その時に少し驚きました。
父も母も入院するまでずっとしっぱなしで指にくっきりと
跡がついていました。



わけあって父の指輪は結婚当時のものではなく
2回ほど買いなおしたもので
母のは18金、父のは20金でしたが母のものより
少し細かったようです。



_20200318_171336
ふたつの指輪を一度全て溶かしてもらい
姉と私でデザインを考えたものを
再度指輪に作り直して貰いました。



1584519162667
母の命日の9月の石サファイアと父の命日の10月の石オパール
そして私は自分の誕生石エメラルド、姉は好きな石アメシストを
それぞれ入れて貰い、生まれ変わりました。


通常、種類の違う金を混ぜてリフォームするのは
一般のジュエリーのリフォーム店ではやってくれない
所がほとんどでしょう。


今回制作をお願いしたのは
いつもFutari展でお世話になっている
彫金作家のアトリエ曉の松村さんです。
 


両親の指輪の地金だけで制作するという、少しも無駄にできない

プレッシャーのかかる作業を引き受けて下さり
本当に感謝です。


このご時世にお守りをもらったようなそんな
気持ちになりました。


手洗い、うがい、消毒を徹底して頑張りましょう!

« 寒中お見舞い申し上げます。 | トップページ | 下半期。 »

コメント

こんにちは!
久々に先生のブログを拝見してお父様がお亡くなりになった事を知りました。お悔やみ申し上げます。
実は私も主人を1月に亡くしました。去年の10月ごろから体調を崩して2か月ちょっとのことでした。骨肉腫でした。
余りに短い別れで後悔、虚しさ、寂しさ、色々な感情入り乱れあっという間の3か月。何かしなければという強迫観念。では何をするのか。何ができるのか。手織り。そう、ようやく手織り機に触ろうという気持ちになりました。作品が完成するにはまだまだ時間がかかると思います。でも、先生に教えていただいたことに感謝です。手織り教室は楽しかったです。こんなコメントですいません。先生にありがとうを言いたくて書き込みました。

                  

川上さん、ご無沙汰しております。
ご主人様の事心よりお悔やみ申し上げます。
あまりにも早いご逝去で私も言葉がございません。
今はカルチャーセンターは緊急事態宣言中のためお休みなのですが
たまに皆さんと川上さんお元気かな~なんて話題になっていたんですよ。

織り機は逃げないのでのんびりゆっくりやってくださいね。
またいつかお会いできたら嬉しいです。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 寒中お見舞い申し上げます。 | トップページ | 下半期。 »