フォト

最近のトラックバック

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リアルタイムつぶやき。

無料ブログはココログ

他のアカウント

« アナザースカイ。(高校生編) | トップページ | Duo in 建長寺2015(擬音多し)。 »

2015年11月12日 (木)

アナザースカイ。(大学生編)

Photoさてさて。
大学生編を待っていて下さる方が
チラホラといるみたいなので
アリガタイことです(笑)


とにかく女子美のテキスタイルデザイン科
に入学した私は
それはそれは心の中がたいそうヤサぐれて
いました。

なぜかと言うと、それはズバリ、
女子高みたいだから。
でした。
それまで小中高と共学の公立校に
通ったことしかなかったので
女子美術短期大学というくらいですから
まわりは女子、女子、女子!なわけです


Photo_2まるでいつでもどこでも
高校の家庭科の延長上にいるような
感覚に陥ってしまい、
このまま覆面浪人しながら来年は
絶対に多摩美に入るんだ!あの
講師に告白するんだ!と心の中では
かなり鼻息が荒い状態でした。

ですが。。。
そう思ったのは一瞬と言っても
過言ではない、
つかの間の出来事だったのです。



理由は
周りの人間が変人だらけだったから(笑)←みんな、ゴメン。
短大と言えども美大は美大。

普通の人を探す方が難しい←みんな、ゴメン。

どこが?と言われると難しいのですが私を含めて皆が自分を普通だと
思い込んでいて信じて疑わないのです
そんな人たちと毎日話しているだけでも刺激的で楽しくて面白くて仕方なかったのです
(未だにそうだからたちが悪い!と友人たちは今ではそれぞれの夫達から言われる始末だそうで。)


毎日のように様々な科目で課題提出日がある中で(とにかく短大は忙しかった)
3日とあけず”打ち上げ”と称して飲み会三昧。

画像のどん底もその頃に頻繁に出入りしていた店の1軒です。
http://www.donzoko.co.jp/konjaku/index.html
どん底は数々の文壇や芸術家、文化人達が若き日に集った店としても
有名です。
私も芸術を志す者の端くれとして一番かぶれていた時代でした。
クラスメイトをとっかえひっかえして通っていました。

実はこの夏、かつてのクラスメイト1人と十数年ぶりに密談をするべくして
足を運んだのですが今や当時以上の人気店。予約をとっていなかったので
入れませんでした。
そして先日の新宿ナイトでリベンジを果たすことができました。
夜も深まった時間での来店でしたので入る事はできたのですが、
中二階の窓際の席だったのでこれから行かれたい、という方は
どん底のどん底はぜひ、地下の席をおススメしたいところです。


東高円寺が最寄駅だった私の短大生活は守衛さんが教室を開けてくれるのを
早朝から待って夕方まで授業に没頭し、課題で徹夜をすることもしばしば。
それ以外に受験勉強、染色実習で7色に染まった手をバイトでしかられたり
しながらも、

は新宿御苑で昼間から寝っころがってワイン片手にお花見をして、
は新宿の西の端にある大きな公園で夜まで遊び、
はシティーハンターみたいだねって言いながら夜景を見ながら新宿百人町
のビルの屋上でフラフープをまわして、
は花園神社での酉の市や西新宿のパブを貸切で皆とクリスマスパーティー
をする。

ISETAN美術館、三越美術館には学校帰りにしょっちゅう行きましたし、
映画も沢山観たなぁ。。。紅の豚とマトリックスをなぜか3回くらい観た気がします

そんな毎日が楽しくて楽しくて仕方なかったけれど、それでも私の19歳は
大切な人が死んだり、失踪したり、激痩せしたりそれなりに大変だったのです。

それでも諦める事なく多摩美を受験しました。親には内緒だったので
受験票の受取先を姉の当時の彼氏のアパートにしたりしましたが結果、
あっけなく散り・・・
好きだった講師に告白もぜずに入学費用の足しにと貯めていたバイト代で
次の年には自身初の海外旅行に行ってしまいました。

そして高校時代から含めると4年間まるまる新宿を拠点に過ごした楽しい
学生生活も終わる時がきます。
卒業式後の謝恩会の会場も西新宿の沖雅也(←知ってます?)が
自殺したホテルだったような。。。

クラスメイトの半数以上が繊維系の会社などに就職を決める中、
特に仲の良かった友人たち7人は専攻科(3年目)の試験に合格し、
短大に残ることになりました。

私はというと、これまた運よく4年制の編入試験に合格して
女子美の大学(工芸科・織専攻)へ入学します。
その後3年生4年生と拠点を相模原に移すことになるのですが
小田急・江の島線に乗るようになった私は遊びの拠点も新宿から1度ここで
離れて江の島や葉山などの海方面へ一気に繰り出すこととなるのでした。

というところで長くなったので
以降、アナザースカイ(社会人編)にて
また新宿へ戻ります。

« アナザースカイ。(高校生編) | トップページ | Duo in 建長寺2015(擬音多し)。 »

コメント

いや~、笑った笑った!!職場でランチしながらブログ読んでたら、思わず声を出して笑っていました~!
確かに世間一般から言うと、変人だらけね。m.pさん含め!!分かる分かる、刺激的だったわ~。

新宿百人町のビルの屋上でのフラフープ、クリスマスパーティー、
私もこの大学生編の思い出を一緒に過ごして来たから、その時の光景がフラッシュバックしてくる

次回帰国の際には、ぜひとも「どん底」リベンジですわよ!!

そうだよね!
一緒にいたよね~。
今、日本ではエンジェルハートの実写ドラマやってるの知ってる??
何だか懐かしいよ。
織り場であきちゃんが持ってきたシティーハンターとスラムダンクがまわってたよね(笑)
次の帰国の際にはみんなも誘ってぜひ!どん底に行こうねっ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アナザースカイ。(大学生編):

« アナザースカイ。(高校生編) | トップページ | Duo in 建長寺2015(擬音多し)。 »